妊婦生活は大変

現在妊娠6ヶ月のヒロミちゃんは、初めての赤ちゃんという事で出産をとても楽しみにしていた。
つわりも全くなくなり、体力的にも楽になってきたのはいいが、今度は体の重さと便秘に悩まされているという。
妊娠中に便秘で悩まされる女性は意外と多いらしい。
私は妊娠した事がないので、つわりにしても体の重さにしても想像ができない上、妊婦が便秘になり易いと知り驚いた。
お腹に赤ちゃんがいる状態で、無理にトイレで力むのは確かに怖い。
「便秘にはヨーグルトがいいよ。」と提案したが、もう既に試しているという。
「ヨーグルトを一日2個も食べてるのに、まだ駄目。薬は絶対飲めないし、何かいい方法ないかしら。
お腹が空くから赤ちゃんの分もごはんいっぱい食べてるのに出ないこの辛さ。」
確かに食べても食べてもお腹に溜まっていく一方では、体にも悪いが気分も悪い。
「腸内の善玉菌を増やせばいいんだから、オリゴ糖入りのヨーグルトに変えてみたら?あと納豆いっぱい食べるとか。
バナナもいいっていうよね。便秘って辛いもんね。妊婦だとなおさらだよね。」
その日の午後早速オリゴ糖入りヨーグルトとバナナ、そして納豆を大量購入してヒロミちゃんは帰宅して行った。
それから2週間後、ヒロミちゃんより便秘解消の報告を受けた。
便秘が解消されたのはいいが、今度は逆にお腹がゆるくなってしまったらしい。
でも便秘よりはましなので、このまま沢山の便秘解消食材を続けていくとの事。
ヒロミちゃんの場合は、お医者様にも相談し、赤ちゃんに影響がないとの事だったが、物によっては取り過ぎると
良くない場合もある。
どんなに何か体の問題に対して効果があったりする物でも、とり過ぎると今度は別の問題を生み出す場合がある事
をいつも考えておかなければならない。
体にいい物も沢山取ればいいというものではなく、丁度いいさじ加減が必要なのだ。
人それぞれ体質も違うので、何でもかんでもインターネットや通販、テレビの言いなりになるのではなく、本当に一番自分にあった物を、自分の体と相談しながら見つける事が大切だと思う。

ハニー VS オリゴの戦い

いくらダイエットに励んでいようとも、時として甘い食べ物の誘惑に思わず負けてしまう事ってありますよね。
食べた後自己嫌悪に陥ってしまって自分を責めてしまったり、もうやーめた!となって、我慢してきた反動でケーキのやけ食いに走ってしまったり。
時として甘い物がダイエットの敵!みたいになってしまう時ありませんか。
ダイエット中でも、上手に甘い誘惑と付き合って、ストレスの少ない生活を送っていきたいものです。
私のダイエット中に、いつも私を慰め・支えてくれたもの達がいます。
まずは”ハニー”。残念ながら愛しい男性の呼び名ではなく、はちみつの事です。
そしてもう一つがオリゴ糖。
この二つ、何故かインターネット等で「どっちがいい?」と比べられている事が多いのですが、私にとってはどちらもかけがえのない存在です。
どちらも良く似た特徴をしているようですが、用途や味覚、嗜好によって使い分けるのがお勧めです。
まずはちみつにはビタミン、ミネラル、アミノ酸、ポリフェノール等、美肌効果の期待できる成分が沢山含まれています。
またはちみつにはなんとオリゴ糖も含まれているので、整腸作用も期待できます。
はちみつはその含まれている成分によって、お肌や健康に働きかける性質がある一方で、オリゴ糖自体には直接美肌、健康成分が含まれているわけではありません。
オリゴ糖は腸内の善玉菌を増やし腸内環境を整えることによって、便秘を解消したり、老廃物、毒素を退治する事で美肌になったりという効果が得られるわけです。
ただし、オリゴ糖の方がはちみつよりもカロリーが半分程度なので、カロリーに対してかなり敏感になっている場合は、オリゴ糖の方が試しやすいかもしれないですね。
その時の体の状態によって、ビタミン等の栄養素をとりたい場合ははちみつ、カロリーを抑えて老廃物、毒素退治、便秘を解消したい時はオリゴ糖と上手に使い分け、ダイエット中でも、ストレスを少なくし美肌や健康を手に入れましょう!

オリゴ糖の運び屋

日本では健康ブームや自然食品、デトックスブームなどの影響で、健康への取り組みに対する意識の高い方が多いと同時に、体内に取り入れる”食”等にこだわっている方が増えてきている事と思います。
日本国内では健康食品やオーガニック食品がいたる所で市販されているので、欲しい健康食品が手に入らない!
というストレスとは無縁の生活を送っていました。
そんな当たり前の事が、海外在住の私達にとっては、全く当たり前ではなくなってしまい、時にストレスを感じる事があります。
私が海外生活をする中でも一番困った事が便秘でした。
インターネット上で”便秘に効果のあるもの”を検索すると、必ず”オリゴ糖”が出てきます。
オリゴ糖は便秘に効果がある上、腸内を綺麗に整える事による美肌効果やアレルギー改善も期待できるとあって、日本国内ではかなり普及しており、知らない人はいないのではないでしょうか。
日本に住んでいる頃、私もオリゴ糖にお世話になっていた一人でした。
こちらに来てすぐの頃、オリゴ糖を現地のスーパーや薬局を探し回る日々を送っていましたが、英語名である”Oligosaccharide”とお店のスタッフに伝えても皆首を傾げるばかりで一向に見付かりませんでした。
私の住むここバンコクにも日系ドラッグストアがあるので問い合わせてみましたが、価格が日本の2倍近くする上、常備していない為取り寄せ品となるので購入には至りませんでした。
amazonで調べてみても、やはり海外への送料と手数料でオリゴ糖本体の価格を超えてしまう可能性が高く、購入するには現実的ではないと思われました。
私の便秘も限界に達しイライラのピークに達した頃、日本から友人が遊びに来ると連絡があり、やっとオリゴ糖が日本から海を渡って我が家へ届く手筈が整ったのでした。
やっとの思いでオリゴ糖を手に入れた私は、早速オリゴ糖の効果と有り難味を再実感しました。
便秘は解消され、ニキビや吹き出物も徐々になくなり、イライラも収まりと言う事なしで、日本からオリゴ糖を運んでくれた友人が神様に見えたほどでした。
今も沢山の友人達が日本からオリゴ糖の運び屋となって遊びに来てくれるのを楽しみにまっています。

オリゴ糖のあまい罠

生活習慣病が社会問題になっている現代において、健康の為に砂糖の摂取を控えている方も
多いのではないでしょうか。
砂糖の取りすぎは血糖値を上げ、糖尿病や肥満、成人病の原因になると言われています。
また、ダイエット中は砂糖や甘い物を敬遠する人も多いことでしょう。
インターネット上で、血糖値を心配されている方やダイエット中の方でも摂取できる甘味料を調べると、必ず”オリゴ糖”の情報に辿りつきます。
妊娠中の方や小さなお子様でも安心して摂取できる商品でありまた、知名度も高いという事から、誰もが一度は耳にした事があるのではないでしょうか。
しかし、残念ながら、全てのオリゴ糖が体に影響を与えないというわけではありません。
実は砂糖もオリゴ糖の一種です。
ただし砂糖は多糖、オリゴ糖は単糖となっており、砂糖の他にも市場には沢山の種類のオリゴ糖が出回っています。
その中からどの商品がより効果的で、自分にあった物かをきちんと自分の目で見極めていく事が必要です。
市販で売られている商品の中には、大腸に届く前に消化されてしまう物、また、添加物を加えられている物等があり必ずしも”オリゴ糖”とうたっている商品が全て良いという訳ではありません。
胃や小腸で消化されずにしっかりと大腸まで届き、尚且つ純度が高く添加物等の混ざっていない方が、当然ながら効果を発揮します。
また甘みが少ない物もある為、購入前に必ずオリゴ糖成分や味覚等を確認し、購入する事をお勧めします。自分に適した商品を選んだ後は、自分に適した量を摂取することが必要となります。
いくら砂糖よりもカロリーが少ないからといって、摂りすぎは血糖値をあげ、肥満の原因となってしまい、折角健康の為に始めたオリゴ糖が無駄になってしまうので、油断禁物!です。
心配な方はかかりつけのお医者様に、商品の選び方や摂取方法、量等のアドバイスを受けるといいかもしれません。
摂取量を守り、正しく摂取することによって、血糖値の心配な方もダイエット中の方も、気軽に甘い物を楽しめるストレスフリーの食生活を送っていけるといいですね。
現在、甘い物を我慢している方も、一度オリゴ糖の甘い罠にはまってみるのはいかがでしょうか。

優れたオリゴ糖とヨーグルトの最強タッグで便秘解消を!

便秘を解消するために腸内の善玉菌を増やす目的でヨーグルトを食べている方は多いと思います。ヨーグルトはむやみやたらに食べても、自分の腸に合う菌の入ったものでなければ望むような効果を発揮してくれません。また空腹時に食べると胃酸の影響で乳酸菌が少ししか腸に到達せず、食後に食べると腸には到達するけれども時間がかかってしまうので、考えて食べる必要があります。ピッタリ合う乳酸菌が見つかったら、その菌を腸内でできるだけうまく働かせることが便秘改善の近道になるので、オリゴ糖を一緒に取ることをおすすめします。難消化性のオリゴ糖は腸内でビフィズス菌のエサとなり腸内環境の改善に大いに役立ちます。善玉菌が増えれば便通が改善され、便の状態も良くなり、便秘も解消されていきます。オリゴ糖には砂糖大根から作られる天然のラフィノース、母乳にも含まれているガラクトオリゴ糖、醤油や味噌といった調味料にも入っているイソマルオリゴ糖、タマネギやゴボウ等の野菜に含まれるフラクトオリゴ糖、野菜の他、笹の葉からも抽出可能なキシロオリゴ糖など様々な種類があります。どれも腸の働きを整える働きはありますが、腸で効率よくエサとなれるオリゴ糖とそうでないものがあります。

どうせ摂取するなら確実に善玉菌を増やして腸内環境を少しでも早く良くしていきたい。そう考えた方々が実際に使っている様々なオリゴ糖をバランスよく配合した製品があるのをご存知ですか?そうしたオリゴ糖製品は通信販売でしか購入できないため、知らない人もまだまだ多いと思います。一例ではぐくみオリゴやカイテキオリゴ、オリゴのおかげなどがあります。利用者の中では、カイテキオリゴ ダイエットなんてのをやっているつまものもいます。実際効果あるんでしょうね。理にかなった方法ではあります。市販のオリゴ糖はスーパーやドラッグストアですぐに買え価格も手ごろなので手軽に使うことができます。通販ですとどうしても手元に届くまでに日数や送料がかかってしまうので購入するかどうか迷ってしまいます。ただ、通販の製品はサポート体制が万全で、摂取している時に不安に思うことがあった場合に問い合わせできるため安心感が違います。苦しい便秘から一日も早く逃れられるよう、オリゴ糖を購入する際はメリット、デメリットをよく考えてくださいね。

ハニーとのあま~い生活

最近の健康ブームもあり、体に良い=化学薬品や添加物を含まない、天然の物を基準にして購入したり、生活に取り入れたりしていらっしゃる方が増えているのではないでしょうか。なかでも蜂蜜は、美容に健康にと老若男女問わず多くのご家庭で重宝されていると思います。私も勿論そのうちの一人です。我が家で蜂蜜を欠かすことはありません。ヨーグルトやお料理に混ぜて体内へ取り入れるのは勿論の事、蜂蜜パックや蜂蜜風呂、また化粧水に混ぜて使うなど、多岐に渡って使用しています。はちみつにはビタミン、ミネラル、アミノ酸やポリフェノールなどが含まれておりお肌に良いだけではなく、グルコースが仕事中の疲れた頭にエネルギーを送ってくれる役割も果たしています。また、砂糖よりも低カロリーの上、口に入れた時に甘さを感じやすい為、どうしても甘いものが食べたい!というダイエット中の方にでも、安心して(勿論とり過ぎは良くないですが。)取り入れられる有難い食べ物となっています。

また、はちみつにはオリゴ糖、グルコン酸等の腸内の善玉菌を増やす整腸作用もあるので、便秘にも効果的です。こんなに色々と万能な蜂蜜なのですが、はちみつならどれでもいい、というわけではなく、残念ながら商品の品質によっては、効果がない場合もあります。はちみつに含まれているビタミンは加熱処理によって破壊されてしまうので、購入の際には加熱処理されていない天然の物を選びましょう。また、私の友人が以前「結晶化(固まったもの)したはちみつは、見た目が悪いから、固まっていなくてさらさらで出来るだけ見た目が綺麗な物を選ぶ」と言っていました。実はこの結晶化は、加熱処理されていないはちみつだからこそ起る現象なので、安心して購入できます。固まったはちみつは湯せんに掛けると溶けるのですが、その場合もビタミン等を壊してしまわないよう、はちみつが45度以上にならないように注意が必要です。少し繊細なはちみつではありますが、これだけの効能があると使わずにはいられません!ハニーとのあま~い生活皆さんもお試しあれ!

赤ちゃんは生まれた時からオリゴ糖を飲んでいる?

便秘や美肌、健康などにいいとされているオリゴ糖ですが、その効果ばかりが注目されている中、
果たして副作用等の危険性はないのか気になるところです。
現在私の周りはベビーラッシュで、友人達の子育て話を聞く機会が沢山あります。
オリゴ糖の話をしておいて、何故急に赤ちゃんの話が出てきたかというと、実は赤ちゃんとオリゴ糖は
生まれた時から関係があったのです。
まず、オリゴ糖と聞いて一番最初に連想するのは便秘ではないでしょうか。
私の友人は妊娠時に酷い便秘になりました。当然赤ちゃんへの影響を考え薬は飲めません。
私は大切な友人の力になりたいと、妊娠中でも試せる便秘治療を調べました。
その時に出てきたのが他でもないオリゴ糖でした。
オリゴ糖に危険性はなく、多量に摂取するとおなかがゆるくなる事があると言われています。
また、オリゴ糖によっては消化されてしまい腸まで届かないもの、消化されずに腸まで届くのものがあります。
勿論効果があるのは後者の方で、服用する際にはきちんとオリゴ糖の種類を確認してから購入する事が大切です。
私の友人は砂糖の変わりに、オリゴ糖をヨーグルトや食事に使う事で、便秘を解消しました。
次に赤ちゃんとの関係性についてですが、なんと母乳にもオリゴ糖が含まれているのです。
別の友人の子供で、離乳食に変えてしばらくしてから便秘になったエミリーという子がいました。
彼女は便を出すのがとても苦しかったのか、おまるに座るのが怖くて、友人にトイレをそくされる度に泣きながら
おまるにまたがっていました。
赤ちゃんの頃は母乳に含まれているオリゴ糖を摂取していたのが、離乳食に変わることによって腸内環境に
変化が起こり、便秘になる子供がいるそうです。
小児科等かかりつけの医者やオリゴ糖販売元等、子供にとっての安全性や適切な量を、事前に十分相談する
事が必要ですが、エミリーもオリゴ糖を摂り始めてからは、おまるに座るのを全く怖がらなくなりました。
このように、オリゴ糖の種類、摂取量を正しく使えば、オリゴ糖は万人に効くので、皆さんも一度試してみては
如何でしょうか。