妊婦生活は大変

現在妊娠6ヶ月のヒロミちゃんは、初めての赤ちゃんという事で出産をとても楽しみにしていた。
つわりも全くなくなり、体力的にも楽になってきたのはいいが、今度は体の重さと便秘に悩まされているという。
妊娠中に便秘で悩まされる女性は意外と多いらしい。
私は妊娠した事がないので、つわりにしても体の重さにしても想像ができない上、妊婦が便秘になり易いと知り驚いた。
お腹に赤ちゃんがいる状態で、無理にトイレで力むのは確かに怖い。
「便秘にはヨーグルトがいいよ。」と提案したが、もう既に試しているという。
「ヨーグルトを一日2個も食べてるのに、まだ駄目。薬は絶対飲めないし、何かいい方法ないかしら。
お腹が空くから赤ちゃんの分もごはんいっぱい食べてるのに出ないこの辛さ。」
確かに食べても食べてもお腹に溜まっていく一方では、体にも悪いが気分も悪い。
「腸内の善玉菌を増やせばいいんだから、オリゴ糖入りのヨーグルトに変えてみたら?あと納豆いっぱい食べるとか。
バナナもいいっていうよね。便秘って辛いもんね。妊婦だとなおさらだよね。」
その日の午後早速オリゴ糖入りヨーグルトとバナナ、そして納豆を大量購入してヒロミちゃんは帰宅して行った。
それから2週間後、ヒロミちゃんより便秘解消の報告を受けた。
便秘が解消されたのはいいが、今度は逆にお腹がゆるくなってしまったらしい。
でも便秘よりはましなので、このまま沢山の便秘解消食材を続けていくとの事。
ヒロミちゃんの場合は、お医者様にも相談し、赤ちゃんに影響がないとの事だったが、物によっては取り過ぎると
良くない場合もある。
どんなに何か体の問題に対して効果があったりする物でも、とり過ぎると今度は別の問題を生み出す場合がある事
をいつも考えておかなければならない。
体にいい物も沢山取ればいいというものではなく、丁度いいさじ加減が必要なのだ。
人それぞれ体質も違うので、何でもかんでもインターネットや通販、テレビの言いなりになるのではなく、本当に一番自分にあった物を、自分の体と相談しながら見つける事が大切だと思う。

優れたオリゴ糖とヨーグルトの最強タッグで便秘解消を!

便秘を解消するために腸内の善玉菌を増やす目的でヨーグルトを食べている方は多いと思います。ヨーグルトはむやみやたらに食べても、自分の腸に合う菌の入ったものでなければ望むような効果を発揮してくれません。また空腹時に食べると胃酸の影響で乳酸菌が少ししか腸に到達せず、食後に食べると腸には到達するけれども時間がかかってしまうので、考えて食べる必要があります。ピッタリ合う乳酸菌が見つかったら、その菌を腸内でできるだけうまく働かせることが便秘改善の近道になるので、オリゴ糖を一緒に取ることをおすすめします。難消化性のオリゴ糖は腸内でビフィズス菌のエサとなり腸内環境の改善に大いに役立ちます。善玉菌が増えれば便通が改善され、便の状態も良くなり、便秘も解消されていきます。オリゴ糖には砂糖大根から作られる天然のラフィノース、母乳にも含まれているガラクトオリゴ糖、醤油や味噌といった調味料にも入っているイソマルオリゴ糖、タマネギやゴボウ等の野菜に含まれるフラクトオリゴ糖、野菜の他、笹の葉からも抽出可能なキシロオリゴ糖など様々な種類があります。どれも腸の働きを整える働きはありますが、腸で効率よくエサとなれるオリゴ糖とそうでないものがあります。

どうせ摂取するなら確実に善玉菌を増やして腸内環境を少しでも早く良くしていきたい。そう考えた方々が実際に使っている様々なオリゴ糖をバランスよく配合した製品があるのをご存知ですか?そうしたオリゴ糖製品は通信販売でしか購入できないため、知らない人もまだまだ多いと思います。一例ではぐくみオリゴやカイテキオリゴ、オリゴのおかげなどがあります。利用者の中では、カイテキオリゴ ダイエットなんてのをやっているつまものもいます。実際効果あるんでしょうね。理にかなった方法ではあります。市販のオリゴ糖はスーパーやドラッグストアですぐに買え価格も手ごろなので手軽に使うことができます。通販ですとどうしても手元に届くまでに日数や送料がかかってしまうので購入するかどうか迷ってしまいます。ただ、通販の製品はサポート体制が万全で、摂取している時に不安に思うことがあった場合に問い合わせできるため安心感が違います。苦しい便秘から一日も早く逃れられるよう、オリゴ糖を購入する際はメリット、デメリットをよく考えてくださいね。